自分基準

自分の思ったことを気ままにメモ代わりに書いていこうかと

売買記録_2018_10_30 サンバイオのSO価格3,792円は強気なのだろうか

スポンサーリンク

今日の売買記録

売買銘柄0件

本日も売買ナシ

ここ数日の間、値を下げ続けていたサンバイオだが今日は+5.5%近くも上昇してくれた。

昨日の段階で絶好の買付けチャンスと思っていたが今日の上昇を見ると増々買うべきっだったと後悔しかない。(実際買えないのだけれど…)

地合そのものが今日は上昇傾向にあったのでそれに引きづられての上昇とも解釈できるが、1番の理由はストックオプションの価格が今日の終値で決定することにより明日以降「そろそろ結果が出るのでは?」との思惑から上昇したのではないかと思っている。

もう一つは機関の売りによる買い戻しもあり得る(ジリジリ上げているので機関の買い戻しの可能性は高いが日経も似たような動きなのでなんとも言えない)

f:id:nisiki_satika:20181030221021p:plain

結局の所ストックオプションの行使価格は今日の終値or先月の平均価格3,792円の高い方であったため後者の3,792円で決定した。

今日の終値は3,360円と実に432円もの開きがあるがこれは果たしてどうなのだろう?

ポジショントークになってしまうがサンバイオが今までに行ってきた業務提携や様々ところでの森社長の話す内容を聞く限りではとても誠実に感じることが多いと思う。
(森社長の話を聞きに行っている人もまたポジショントークなのだろうけど…)

そして森社長からSB623に対して本当に自信を持っており、いち早く患者さんに届けたいと言う思いが伝わってくるように感じる。

帝人からライセンス返還の提案や、普及・流通を行うための業務提携もその1つだと思う。

実際に会ったことがないし株主総会等にも行けていないので、どんな人なのかは分からないのだけれど脳梗塞や外傷性脳損傷で困っている人たちは実際に大勢存在しており(有用性が確かなのであれば)皆待ち望んでいるだろう

もし、ここの薬が実際に効果があるのだとすれば回復しないと言われてきた脳が治るものであり、そうなった場合のサンバイオの価値はもっと高いものではないかと思っている。

だが実際のところ明日以降すぐに結果が公表される保証はどこにもなく場合によっては年明け以降も十分考えられるので、ここはおとなしく信じて待つしかない。

ただそうなった場合しばらく横ばいが(状況によっては下げも)考えられるので耐えるしかない。

明日の予定

これ以上買えないので売買の予定はない。

その他、投資信託の定期買付け(投信信託15件)

4月ごろより毎日買い付けしている投信信託が本日も15件約定

約定金額は特段が無い限りすべて100円

  1. 楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド
  2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  3. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  4. たわらノーロード NYダウ
  5. たわらノーロード 先進国株式
  6. <購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
  7. iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド
  8. iFree S&P500インデックス
  9. iFree NYダウ・インデックス
    (楽天ポイントと毎日の購入分合わせて134円(内34pt))
  10. SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))
  11. SBI・先進国株式インデックス・ファンド(雪だるま(先進国株式))
  12. eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  13. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  14. eMAXIS NYダウインデックス
  15. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス