自分基準

自分の思ったことを気ままにメモ代わりに書いていこうかと

売買記録_2018_10_05 保有銘柄軒並み大幅下げ(サンバイオは買い増し中)

スポンサーリンク

今日の株式の売買記録

売買銘柄1件

今日もサンバイオを新たにサンバイオ(4592)を追加!!

先週サンバイオの建玉数が資産に対して大き過ぎるので整理しなければならないと言っていた自分はどこへやら、今日も元気なくサンバイオを追加した。

まずい…非常にまずい…
リスク管理が全く出来ていない。もしサンバイオの結果が悪いようであれば追証が発生してしまうかもしれない。 (かもじゃなくて多分する。)

今日はも寄付前からマイナスで一度もプラ転しなかったようで、それに加えて昼にはいつもの大きな下げはきちんとこなしてくる始末。

f:id:nisiki_satika:20181005201328p:plain

こうも下げてくると、どこかしらで悪材料が漏れていて売り抜けているのでは?とのネガティブな考えが浮かんでくる。

もっとも今年の春頃の下げにやられており大きな下げは慣れているので、その頃の含み損に比べれは今はまだ余裕があるのだが、あの時との大きな違いは治験が間もなく出るかもしれないところである。

前回の下げは増資による下げであった。そのため増資後には株価が回復した。
(増資後から回復までかなりの期間がかかったが…)
回復した理由は、やはりサンバイオに期待しているからだろう。そして株は結果よりも思惑での方が上昇しやすい。

だが今回の下げは期待(思惑)はまだ残ってはいるものの大きな買いには繋がらず、もし仮に上手く行かなかった場合、サンバイオが今まで持っていた魅力や思惑が一気に消し去り大量の売りが降ってくる事になる。

そのため現在の損益は以前よりも遥かに良い状態にも係わらず内心ヒヤヒヤである。

一方で他の銘柄も軒並み下げ、中でもシェアリングテクノロジー(3989)は寄付きこそプラスだったらしいが結果としてはマイナス、それ以外の銘柄は1度もプラスにならずに大引きを迎えている

全体として今日はここ最近で1番の下げだった。

米国株は今日雇用統計があるのでそれが気がかり、もしかしたら一時的には下げにトレンドに転換する可能性もあると思う。それでも数日(場合によっては10月いっぱい)程度の下げで今年全体の景気としては上昇トレンドは維持するのでは無いかと予測(希望)している。

週明けの予定

週明けは売買の予定は無い、流石にサンバイオを買増す予定もなく米国次第では色々とポジションを変えていくかもしれない。

その他、投資信託の定期買付け(投信信託15件)

4月ごろより毎日買い付けしている投信信託が本日も15件約定

約定金額は特段が無い限りすべて100円

  1. 楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド
  2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  3. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  4. たわらノーロード NYダウ
  5. たわらノーロード 先進国株式
  6. <購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
  7. iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド
  8. iFree S&P500インデックス
  9. iFree NYダウ・インデックス
  10. SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))
  11. SBI・先進国株式インデックス・ファンド(雪だるま(先進国株式))
  12. eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  13. eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  14. eMAXIS NYダウインデックス
  15. eMAXIS Slim 先進国株式インデックス